FC2ブログ

夏バテ対策

150673973_624[1]_convert_20140716172620
夏バテ対策 

夏バテは自律神経の乱れをおこし、次のような症状が現れます.
・全身の疲労感  
・立ちくらみ  
・からだのだるさ  
・めまい、ふらつき 
・無気力感 
・むくみ 
・イライラ感   
・食欲不振 
・熱っぽさ 
・下痢、便秘


407984_180806645355128_100002773806724_188823_946998840_n[1]_convert_20120314135555

●夏バテの原因は!?
・体温調節の不調(自律神経の乱れ)
暑くなると、血管が拡張し汗を出し体温調節を行うのですが、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、熱が体内にこもってしまい疲れやすくなります。

・体内の水分やミネラルの不足
大量に汗をかくと、体内の水分と電解質のバランスが崩れ、脱水症状を起こし体調に異常をきたします.

・暑さによる食欲低下
暑さで胃の消化機能が低下し、栄養の吸収が悪くなり食欲が低下します。
ビタミン類、ミネラルや蛋白質などが不足し、だるくなったり、根気が続かなくなるなどの症状が出てきます.
また、清涼飲料水やビールなど冷たいものばかり飲んでいると、胃の消化酵素の働きが低下し、消化不良を起こし、食欲がなくなるという悪循環に陥るのです。

・冷房の影響
冷えた部屋と外気の温度差が大きい場合、冷房の効いた部屋と暑い屋外を繰り返して行き来するうち、体温調節する自律神経のリズムが乱れ、自律神経失調症を引き起こしてしまいます.


pic[1]

●夏バテ防止には、「自律神経のコントロール」
交感神経と副交感神経を合せて自律神経といいます。
交感神経と副交感神経は片方が高くなると、もう一方は抑えられるシーソーのような関係にあります。
理想は交感神経と副交感神経が同じレベルで、時間帯などによって穏やかに入れ替わるというものです。
しかし、現代社会はストレスにさらされているので、多くの人は交感神経が高く、副交感神経が低い状態になっています。
こうなると便秘・肩こり・肌荒れ・イライラなどがおこってきます。

●自律神経を整えるには!?
・呼吸を意識してゆっくり吐きましょう。
 昼間動く時も「ゆっくり」を意識して余裕を持ちましょう。

・朝は交感神経が高まっているので副交感神経を高める工夫をしましょう。
 腸を動かすのが効果的、食前に水を飲む、朝食を食べる習慣を奨めます。
 腸内環境を整えるために、食物繊維や乳酸菌などを積極的に取り入れましょう。

・規則正しい生活で交感神経と副交感神経のリズムを整え、軽い運動を取り入れて血流を増やし、自律神経の活動を高めることも大切です。

男性は30代以降、女性は40代以降に自律神経の働きが顕著に落ち、加齢とともに下がっていきます。
意識して自律神経を整えていくことが体調を崩さないコツです。


●酸素カプセルで自律神経を調整
暑さや仕事などでストレスを強く感じていると、身体は酸素不足となり、イライラ感・倦怠感・不安感を引き起こしてくるようになります。
身体の血管の大半は、毛細血管であり、ストレスでこの血管は収縮し、ヘモグロビンと結びついた結合型酸素が通りにくい状態となってしまいます。
酸素カプセルを利用することで、身体の隅々へも、血液に溶けた溶解型酸素が供給され、ストレス感を取り去り、スッキリ感が生じ、「自律神経の働きを整える」という、効果・効能が期待できます。




酸素カプセルサロン シーヤ
002cmyk_convert_20110612174244.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

seaya163

Author:seaya163
酸素カプセルサロン シーヤ のオーナーです。
独自の発想でアンチエイジングを研究しています。

ブログは主に、「アンチエイジング」と趣味の「サーフィン」の話題が中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR