FC2ブログ

暑いですね

150673973_624[1]_convert_20140716172620
暑い日が続きますね。
体が暑さに馴染むまでは体調管理が大変だ。
この時期、暑くて寝られないなんてことありませんか?


「暑い」というのは、温度と湿度からのストレスになります。
そのストレスから、うつ病や自律神経失調症の症状を悪化させてしまうことがあります。
人間は寝ているときに副交感神経を働かせ、体を修復させたり、病気やケガを治したりしています。
そのため、寝られないと副交感神経が十分に働らかず、疲れが残ったり、症状が悪化したりしてしまいます。
健康な方でも自律神経失調症になりやすくなります。

その他、神経のバランスが崩れてしまう誘因には、偏った食生活や運動不足、ストレス、自律喫煙、夜更かしなどが挙げられます。
その中でも特に大きな影響を与えているのが、ストレスだといわれています。
ストレスが大きい時は、絶えず心身が緊張状態にあり、交感神経を興奮させ、副交感神経との切り替えがスムーズに行われなくなります。
毎日の生活の中では、ストレスの受けとめ方や気持ちの持ち方も、自律神経のバランスを保つ上でとても大切です。


自律神経には、日頃の暮らしぶりがすぐに反映されるので、生活習慣を見直すことで、その働きを改善し、安定させることができます。
そのために心がけておきたいのが、次の7項目です。

303[1]_convert_20140716173040

1.食事
基本となるのは栄養バランスのよい食事。とくにビタミン・ミネラルはしっかりと。自律神経の安定に関わるローヤルゼリーなどをサプリメントでとり入れてみるのもいいでしょう。規則正しく3食とることも大切です。

illust3468[1]_convert_20140716173229

2.睡眠
質の高い睡眠も不可欠。睡眠時間は7時間が理想的ですが、十分にとれない場合は、決まった時刻に起床するようにすると、体内リズムが整います。

IMG_0133[1]

3.運動
ウォーキングなど、心地よいと感じる程度の運動は、神経の緊張をほどよくほぐして、副交感神経の働きを活性化します。

20111012_2614573[1]_convert_20140716173555

4.笑い
笑うことで心がリラックスすると、副交感神経が優位になります。その結果、ストレスホルモンが抑制され、免疫の働きも高まります。

603433_259319120837213_1203325378_n[1]

5.生きがい
楽しい時間は、交感神経の緊張をほぐします。楽しみや生きがいを持っている人は、心身のリズムも安定します。

o0283042312908310253[1]

6.心の持ち方
 過去の失敗などにいつまでもこだわっているとリラックスできず、副交感神経がうまく働かなくなるもとです。

t02200350_0644102412767928509[1]

7.ものごとの感じ方
小さな喜びや楽しみは日常生活の中にも見いだすことができます。ちょっとした好奇心や新しい視点が、副交感神経の働きを高めます。



酸素カプセルのご利用もお勧めです。
ストレスを強く感じていると、身体は酸素不足となり、イライラ感・倦怠感・不安感を引き起こしてくるようになります。
身体の血管の大半は、毛細血管であり、ストレスでこの血管は収縮し、ヘモグロビンと結びついた結合型酸素が通りにくい状態となってしまいます。

酸素カプセルを利用することで、身体の隅々へも、血液に溶けた溶解型酸素が供給され、
 ・精神的なストレス感を取り去り、
 ・スッキリ感が生じ、
 ・自律神経の働きを整える
  
という、素晴らしい効果・効能が期待できます。


一度、お試しください。
酸素カプセルサロン シーヤ
307557_487704654606629_1605340890_n[1]_convert_20130104140042


スポンサーサイト
プロフィール

seaya163

Author:seaya163
酸素カプセルサロン シーヤ のオーナーです。
独自の発想でアンチエイジングを研究しています。

ブログは主に、「アンチエイジング」と趣味の「サーフィン」の話題が中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR